平成30年11月13日(火)~14日(水)
AIST太陽光発電研究成果報告会2018

  • 日時:平成30年11月13日(火)~14日(水)
  • 場所:つくば国際会議場
  • 開催概要:
    • 産業技術総合研究所・太陽光発電研究センターならびに再生可能エネルギー研究センター等における、材料・デバイスからシステムに至るまでの太陽光発電に関する全分野を網羅する研究成果を御紹介します。各位の御参加を心よりお待ち申し上げております。
  • 詳細はこちら(準備中)

平成30年6月17日(日)~22日(金)
Grand Renewable Energy 2018 International Conference and Exhibition

  • 日時:平成30年6月17日(日)~22日(金)
  • 場所:Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan
  • 開催概要:
    • The program will focus on conference subject “How to accelerate Renewable Energy Integration” to be common infrastructure. It contributes not only CO2 reduction but also to the global socio-economic growth. A lot of advanced technologies will be presented and discussed.
    • Conference subjects
      • 1. Policy & Integrated Concept
      • 2. Photovoltaics
      • 3. Solar Thermal Applications
      • 4. Innovative Bioclimatic Architecture
      • 5. Wind Energy
      • 6. Biomass Utilization & Conversion
      • 7. hydrogen & Fuel Cell
      • 8. Ocean Energy
      • 9. Geothermal Energy & Ground-Source Heat Pump
      • 10. Energy Network
      • 11. Energy Conservation & Heat Pump
      • 12. Small Hydro & Non-Conventional Energy
    • Plenary Speakers (Related with Photovoltaics area)
      • ・Prof. Hans-Martin Henning (Director, Head of Fraunhofer ISE)
      • ・Paolo Frankl (Head of the Renewable Energy Division at the IEA)
      • ・Sarah Kurtz (NREL)
      • ・Sang Il Seok (UNIST and KRICT)
  • Abstract deadline: 31st January 2018
  • Deadline of early registration: 30th April, 2018
  • 詳細はこちら

平成30年2月5日(月)
International BIPV Workshop

  • 日時:平成30年2月5日(月)
  • 場所:東工大蔵前会館1Fロイヤルブルーホール(東急大井町線大岡山駅前)
  • 開催概要:
    • 建材一体型太陽光発電(BIPV)のワークショップを東工大蔵前会館ロイヤルブルーホールにて開催いたします。本ワークショップはIEAのTASK15の日本会議に合わせて開催されるものです。また、特に海外の建築系の方のお話を伺う貴重なチャンスでもあります。ふるってご参加いただければ幸いです。
  • 参加費: 無料
  • 定員: 90席
  • 詳細はこちら

平成30年1月28日(日)~30日(火)
AP-HOPV18 (Asia-pacific hybrid and organic photovoltaics conference)

  • 名称:AP-HOPV18 (Asia-pacific hybrid and organic photovoltaics conference)
  • 会期: 2018年1⽉28⽇(日)〜1⽉30⽇(火)
  • 会場: 北九州国際会議場(小倉駅徒歩5分)
  • 主催:nano-Ge
  • 会議の特徴:
    • 無機有機ハイブリッド太陽電池の分野で最も有名な学会HOPV会議(ヨーロッパ開催:400名参加)のアジア版会議
    • 上記表題の太陽電池を広くカバーし、最先端研究の現状と将来を議論する。
    • 以下の多くの最先端研究者を招聘しており、最先端研究者とネットワークを日本で構築できる。
  • 内容:以下の無機有機ハイブリッド系太陽電池の研究最前線
    • ペロブスカイト太陽電池
    • 無機ー有機ハイブリッド太陽電池
    • 有機薄膜太陽電池
    • 色素増感太陽電池
    • 塗布型量子ドット太陽電池
    • その他
  • アブストラクト締切:2017年9月30日
  • 事前登録参加締切:2017年9月30日
  • プレーナリー:
    • M. Graetzel(色素増感の先駆者、ペロブスカイト太陽電池の最先端研究者)
    • H. Snaith(ペロブスカイト太陽電池の先駆者の一人)
  • 招待講演者:
    • 日本、中国、韓国、シンガポール、米国、イギリス、スペイン、台湾等から各分野の最先端研究者16名の招待講演
  • その他:
    • 一般口頭発表、ポスター発表
  • 詳細はこちら


平成29年7月5日(水)~7日(金)
PV Japan 2017 アカデミックギャラリー出展のご案内

  • 名称: PVJapan2017 特別展⽰企画「アカデミックギャラリー」
  • 会期: 2017年7⽉5⽇(⽔)〜7⽉7⽇(⾦)10:00〜17:00
  • 会場: パシフィコ横浜
  • 主催: 太陽光発電協会(JPEA)
  • 出展対象: 太陽光発電分野に関連する研究を⾏っている⼤学・研究機関
  • 出展料: 無料(※但し展⽰物に掛かる費⽤、基礎ブース仕様に追加する装飾・備品費⽤は、出展者負担となります。)
  • 申込⽅法: 所定の申込書に必要事項を記⼊の上、原本をPVJapan運営事務局までご郵送ください。
  • 申込締切: 2017年4⽉28⽇(⾦)
  • 募集数: 約20団体、1団体1⼩間に限る(※お申込多数の場合は、ご希望に添えない場合もございますので、ご了承ください。)
  • 申込書はこちら


平成29年6月13日(火)~14日(水)
AIST 太陽光発電研究 成果報告会 2017

  • 名称: AIST 太陽光発電研究 成果報告会 2017
  • 日時: 平成29年6月13日(火)~14日(水)
  • 会場: つくば国際会議場(茨城県つくば市)
  • 参加費成果報告会 : 無料
    • 意見交換会 : 4,000円 (*当日受付でお支払い下さい) 
  • 定員700名(予約制:定員になり次第締め切らせていただきます)
  • プログラムはこちら
  • 詳細・参加申込はこちら
  • 開催概要:産業技術総合研究所・太陽光発電研究センターならびに再生可能エネルギー研究 センター等における、材料・デバイスからシステムに至るまでの太陽光発電に関する全分野を網羅する研究成果を、19件の口頭講演、98件のポスター講演で御紹介します。この他、当該分野の最新動向に関する特別講演ならびに招待講演、さらにはチュートリアル講演もございます。各位の御参加を心よりお待ち申し上げております。


平成29年5月30日(火)
英弘精機セミナー「ペロブスカイト太陽電池セミナー」開催のお知らせ

  • 名称: 英弘精機セミナー「ペロブスカイト太陽電池セミナー」
  • 日時: 2017年5⽉30⽇(火)11:00〜16:00
  • 場所: 英弘精機㈱本社(渋谷区幡ヶ谷1-21-8)
  • 参加費: 無料
  • 申込締切: 先着順
  • 開催概要:デモ測定(10-15名) 11:00-12:00、セミナー講演(約20名) 13:00-16:00
  • 参加登録はこちら
  • 詳細はこちら


平成29年2月3日(金)~4日(土)
International Conference Asia-Pacific Hybrid and Organic Photovoltaics (AP-HOPV17)

  • 【有機系ならびにハイブリッド太陽電池に関するアジア国際会議】
  • 日時:平成29年2月3日(金)~4日(土)
  • 場所:パシフィコ横浜 会議センター5階
  • 主催:nano-Ge
  • 協賛:電気化学会、日本化学会、応用物理学会ほか
  • 開催概要:HOPV国際会議は、有機系の太陽電池に関する最も大きな会議の1つで、通常は、ヨーロッパで開催されますが、今回は特別企画として日本で初めての開催となります。ペロブスカイト太陽電池の研究を中心に、世界各国から著名な招待講演者18名を集め、光電変換材料(有機、無機)の合成と物性、変換特性、劣化の評価、計算モデリングなどを含めて、広くは光発電から水素エネルギー生産までの最新のトピックスを集めて、活発な議論を行います。ペロブスカイト太陽電池に関しては、多くの研究発表があります。ポスター発表も募集しています。この機会に奮ってご参加ください。(現在約150件の発表、約200名の参加者があります)
  • 参加費:アカデミア 60,000円,企業 80,000円,学生 40,000円
  • バンケット: 2月3日(金)夜・横浜港クルーズで船上ディナー
    • 参加費:10,000円
  • 参加登録はこちら
  • 詳細はこちら


平成29年4月17日(月)~20日(木)
SNEC 11th (2017) International Photovoltaic Power Generation Conference & Exhibition

  • 日時:平成29年4月17日(月)~20日(木)
  • 場所:Kerry Hotel Pudong, Shanghai, China
  • 開催概要:Topics of interest at SNEC 2017 include, but are not limited to, the following:
    • Advanced and novel PV concepts
    • Silicon wafer solar cells & materials
    • Silicon wafer based PV modules
    • Thin-film materials, cells and modules
    • Equipment & manufacturing automation
    • PV systems and smart grid technologies
    • Inspection, measurement, test, quality & reliability
    • Market trends and barriers
  • Abstract deadline: 18 December 2016.
  • 詳細はこちら


平成28年11月9日(水)
光化学応用講座「有機無機ハイブリッド太陽電池への応用2016」

  • 日時:平成28年11月9日(水)10:00-19:00
  • 主催:光化学協会
  • 共催:有機系太陽電池技術研究組合
  • 場所:東京大学 先端科学技術研究センター 3号館南棟 ENEOSホール
  • 受講料: 非会員 10,000円、光化学協会 正会員、賛助会員 5,000円  光化学協会 学生会員 2,000円 (いずれもテキスト代を含む)
  • 定員: 100名
  • 開催概要:光化学協会では、有機金属ハライドペロブスカイト太陽電池など、近年進歩の著しい有機無機ハイブリッド太陽電池を取り上げ、最新の製造技術と計測技術を紹介するセミナーを開催します。まだ定員に余裕がありますのでどうぞお申し込みください。
  • 詳細はこちら


平成28年10月27日(木)
IEA PVPSワークショップ

  • 日時:平成28年10月27日(木)9:00-12:30
  • 場所:マリーナ ベイ サンズ(PVSEC-26会場) Room 3810A/ 3810B
  • 参加費:PVSEC-26に参加登録されている方は無料
  • 開催概要:PVSEC-26とIEA PVPSは、建物一体型太陽光発電システム(BIPV)を含めた建物への太陽光発電の応用についてのワークショップを開催致します。BIPVのコスト、応用、各国の事例などを取り上げ、議論を深めます。
  • 詳細はこちら


平成28年10月5日(水)
東工大グローバル水素エネルギー研究ユニット第2回公開シンポジウム